The current article

こうやってGoogleを使うのと教えてあげる

見つけた時は思わず笑ってしまった、「グーグルの使い方」を相手に伝えることができる上、キーワードの検索結果がお節介にも表示されるWEBサービスを紹介します。
やんわりと、「その位こうやって調べましょ」を伝えれるのですが・・・皆さんの意見はどうでしょうか?

Googleの使い方

capture

lmgtfy (Let Me Google That For You)

lmgtfyとはLet Me Google That For You(君の代わりにググってあげよう)の略だそうです。
実際、使えるかどうかは別として、話の種には持って来いではないでしょうか。

使い方は至って簡単。
lmgtfyにアクセスして、それくらい調べましょうよ的な文言を入力して、
Google検索ボタンをクリック。
Googleの使い方の説明

下部にURLが出てくるので、コピーして完了。
Googleの説明の続き

実際に出てきたURLにアクセスすると、文字列が検索ウインドウに勝手に打ち込まれ、マウスカーソルが降りてきてGoogle検索のボタンを押し、Googleの検索結果に移動します。

何でもかんでも自分で調べず、すぐに他人に聞いてしまう人が周りにおられる方にはお勧め?
ご使用は自己責任でお願いしますね。

丁寧に教えてあげたい場合は、以前の記事で紹介したwebページの特定エリアを強調して伝えるwebサービスが使えるのではないでしょうか。


Category

Service

Guidance

Salutation

WPCは大阪を中心に、ホームページ制作、リニューアル、コーディング、更新業務、各種印刷物制作、スキルアップ出張講習・セミナー等取り扱っております。
どこの会社に作成を依頼しようかとお悩みの方、リニューアルしたいんだけど良いプランはないかなとお探しの方、本格派のデザイナーにデザインを依頼したい、 コーディングだけ頼みたい、更新だけ頼みたい、パソコンやソフトの使い方を教えて欲しいなど、どんな事でもWPCまでお気軽にご相談ください。